いろいろな和菓子について

生菓子の特徴について

和菓子は大きく分類すると、生菓子、半生菓子、干菓子の三種類に分類することができます。その中で生菓子は、水分量が30%以上のものを指します。具体的な品目としては、饅頭、団子類、どら焼き、たい焼き、大福餅、桜餅、きんつば、といったものがあります。少し前までは、輸送や保存の関係から、専門店や百貨店などで売られることが多かったものですが、最近では、スーパーやコンビニなどでもよく見かけることができます。一般的に、それほど日持ちがせず、すぐ食べるものが多いため、それぞれの季節を表現した商品が多いのも生菓子の特徴です。

半生菓子の特徴について

半生菓子というのは、生菓子と干菓子の中間に位置するもので、水分含有量が10%から30%までのものを指します。代表的なものとしては最中があります。また、饅頭などは、水分量が品物によって違っているので、あるものは和菓子になり、あるものは半生菓子になったりします。半生菓子は生菓子より水分が少ないため、運搬が容易で、保存期間もやや長くできる、いう長所のあるお菓子です。そのため、旅行のお土産品としても盛んに用いられています。

干菓子の特徴について

干菓子というのは、水分10%以下の和菓子を指しています。具体的には、飴類、金平糖、生姜糖などの糖類、煎餅、八つ橋、おこし、甘納豆、落雁などがあります。また、和菓子の材料として有名な砂糖、和三盆は、そのまま固めて干菓子としても販売されています。干菓子は保存が効いて持ち運びしやすいものなので、スーパーをはじめとしていろいろな場所で幅広く販売されています。普段のおやつとして、最も馴染みのある和菓子ということができます。

ずんだ餅は枝豆をすりつぶして餡に用いる南東北地域の郷土菓子です。鮮やかな緑色のずんだ餡が餅に絡まり枝豆の持つ豊な旨味、風味が口の中に広がります。