自宅にある古いお金、もしかしたら希少価値が!

古いお金は古銭と呼ばれています

1円から1万円札まで様々な種類のお金が現在では使用されていますが、現在では使われなくなったお金があります。そうしたお金を一般に「古銭」と呼んでいます。使えないのならば持っていても仕方がないと考えてしまう人がいるかもしれませんが、それは非常に勿体無い考えです。実はそうした古銭を集めているコレクターがいるのです。そうした人たちにとっては非常に価値のある物なのです。物によっては額面の数百倍かそれ以上の価値を付けるものだってあるのです。

売るにはどうしたらいいの?

古銭を持っているけど全然興味が無いので誰かに譲ってお金に変えたいという人もいると思います。そうした時に便利なのがオークションです。非常に多くの人が参加しているネットオークションへ出品することで買い手を見つけることが可能です。ただ、オークションという性質上、自分の思っていた価格以下で落札される場合や、実際の価値よりも低い価格で落札される、そもそも買い手がつかないなど希望に添えない可能性も考慮する必要があります。

オークションよりも業者に買い取ってもらいたい

適切な価値を知っている専門業者へ買い取ってもらったほうが良いと考える方もいると思います。勿論、古銭を扱っている業者は多く存在します。しかしそうした業者は買い取った物を更に他へ売らなければならないので、実際の価値よりも低い価格で買い取る場合が多いです。それを避けるならば鑑定だけしてもらうというのもありですが、場合によっては鑑定料を徴収される事もあるので適切な方法をよくよく考えてから売った方が懸命です。

古銭を売りたいけど、店舗が近くにないので売れないと考えている方がおられます。電話一本で出張査定してくれる古銭の買取業者があります。