時計をお手入れてして末永く使う

バンドや裏蓋部分の掃除について

機械式時計は高級ブランド品もある高額な値段で売れています。雑な扱いをしているとすぐにダメになる場合もあるので、そうなるとせっかくの良い商品も無駄になってしまうのです。

高い金額は払って購入してもすぐにダメになっては意味がないので定期的にお手入れをしましょう。肌に密着する頻度の高い裏蓋部分とバンドは汚れが溜まりやすいです。

そこでこれらの場所は専用のフキンを使用して入念に磨きます。また防水時計に海水がついた場合、真水でキレイに洗ってから拭くといいです。

革のバンドがどうすればいいのか

革バンドはステンレス製のバンドに比べてかなりデリケートなものです。そこで劣化を防ぐためにも水がかかってしまったら早急に水を拭き取りましょう。

水以外にも汗をかいた場合もシミの原因になるので、布もフキンで拭き取るといいです。湿った状態で放置しておくと革の染料が落ちてくる場合もあります。

そうなると衣服に染みこんでしまうのです。時計を置いておく場合ある程度風通しのいい場所で、しかも涼しいところに保管しておきます。

ステンレスの傷はコンパウンドで補修

ステンレス製の機械式時計は長時間使用していると、外面に傷が入る場合があります。擦り傷などが目立っていると見た目もあまり良くないので、こういう時はコンパウンドを利用して補修するといいでしょう。

ステンレスを磨くためのコンパウンドが販売されおり、こちらを利用すると傷隠しができます。ちなみにクロスに関しては専用のものや銀磨き用のクロスを使うと良いです。

コンパウンドは小キズなら簡単に補修できる優れた商品になります。

パテックフィリップの永久修理は、高価なものだけに大きな安心です。ですが、古くなればなるほど部品作成等のコストがかさむ為、修理費用が購入費用を上回るケースも珍しくないようです。